検索

お問い合わせ
お問い合わせ

連絡先:+860755-89505513
ファクス:+860755-89504913
日本語担当ホットライン:
+860755-89505513 Ms Leung 梁(りょう)

E-mail:sales29@jvecctv.com
QQ:1030056939
Skype:jvetyty303

 

413958458
13926598885

ユーザーズマニュアル

赤外線HD腕時計型カメラJVE-3105G-8
時間:2012/10/11 17:41   ブラウズ:Loading...

赤外線HD腕時計型カメラ
1、付属品:
● 本体     ● USBケーブル      ● CD-ROM        ● 充電器一本


2
、各部の名称:
画面説明:
1.カメラ        2モード切り替えボダン        3.赤ランプ      4. 時間調整ボダン         5.赤ランプ            6. オン/オフ/機能ボダン    7. 赤外線ランプ         8. マイク          9.USB          10. TF カードスロット  11. プログラ厶アップグレードボダン     12. バッテリースロットのインタフェース
3、商品仕様:
 

  •  機能:ビデオ撮影、写真撮影、単独録音、ウェブカメラ、赤外線暗視機能、腕時計、USB

● 動画解像度:AVI  1280×720  
● 静止画解像度:JPEG  1600×1200  
●ボイス形式:WAV
● メモリ対応: 2GB-8GB 最大32GBまで
● USB:2.0(Hs)
●  充電時間:約4-5時間
● 稼働時間:リチウムイオン内蔵、連続3-4時間
● Win2000/ME/XP/VISTA/Win7の場合はドライバプログラムをインストール不要
 Win98を除く 
4、操作方法:
 カード挿入:
オフの状態で、左の回り方向にしますと、腕時計下部の蓋を開くできます。TFカードスロットを開けますが、FTカードは内蓋を取り付けてから、電池を入れて、右の回り方向に締め付けて後、使用することができます。
①電源オン:
オフの状態で「オン/オフ/機能ボダン」を長く押して、青ランプが長く点灯して録画待機状態に入ります。
注意:
1) カードが無しの場合には機械をオンにすると赤と青ランプ4回点滅後機械が自動的オフになります。
2) 待機の状態で、3分間以内に操作しないと、機械が自動的オフになります。
録画:
録画の状態で、「オン/オフ/機能ボダン」を短く押して、青ランプは3回点滅後消えて、録画状態に入ります。連続録画の状態で、「オン/オフ/機能ボダン」を短く押して青ランプが長く点灯して、待機の状態に戻ります。また「オン/オフ/機能ボダン」を短く押してから、録画が再起動になります
 
注意:
  1) 録画中、録画効果のために、機械が30分間で自動的に一つファイルとして保存します;
   2) 省エネのために、録画時指示ランプが自動的に消しますがこの時はまた録画の状態です。
単独録音:
録画の状態で、「モード切り替えボダン」一回を短く押して、赤ランプが長く点灯して、単独録音待機状態に入ります;「オン/オフ/機能ボダン」を短く押して、青ランプが3回点滅してから消えますと録音状態に入ります。また「オン/オフ/機能ボダン」を短く押して、赤ランプが長く点灯しますと録音が停止になりまして単独録音状態に戻ります。
注意:録音効果の順調ため、マイクの集音孔をふさがないでください。
写真:
録画の状態で、「モード切り替えるボダン」二回を短く押して、その時、赤と青ランプが長く点灯して写真状態に入ります。「オン/オフ/機能ボダン」を短く押して、青ランプが一回点滅しますと、一枚写真を撮ってから写真待機状態に戻ります。
赤外線ランプ:
低照度の場合、赤外線ランプは自動的にオンになります、手動で赤外線ランプを開くのは必要がありません。電気省エネのため、通常環境の光線で、赤外線ランプは自動的にオフになります。
⑤ 充電:
オフ状態で、パソコンに接続して、赤ランプは点灯になり、充電中です。充電完了後、赤ランプが消灯し、青ランプは点灯します。(電池を卸してからACアダクタで充電してもいいです)
 
注意:腕時計中のムーブメントバッテリーは繰り返し充電のボダン電池ですから、置換する必要はありません。もし指針が動くない場合にあったら、充電しますと、OKです。
⑦ ファイル再生:
オフ状態で、パソコンに接続して、次の手順でクリックしていきます。(パソコンシステム環境により違いますので、再生可能なソフトをご利用ください)
1.マイコンピュータ   2.リムーバブルディスク   3.ファイルを選択(100MEDIA)   4.再生
⑧ 電源オフ:
任意状態で、「オン/オフ/機能ボダン」を長く押すと、ランプが消えてオフになります。
⑨ ウェブカメラ:
オフの状態でまず、CD-ROM中の「STK03N.exe」をインストールしてください。スタンバイ状態で、パソコンに接続して、「電源スイッチ/機能ボタン」を長く押すと、マイコンピュータの下にウェブカメラのアイコンが現れます。そしてウェブカメラとしてご利用いただけます。
ご注意:機械はドライバソフトウェアをインストールする必要はありません、それにPC Cameraに入りることはできます。
ファイル表示時間の設定方法:
ビデオ画面の右下の時間を設置したい場合には、以下の方法通り:
「Time」とネーミングして、日付と時刻のテキストを書き込んで下さい。例えば、設定時間は2012年12月12日12時12分12秒ならば、下記の通り:
2012.12.12 12:12:12 Y
また機械を再起動すれば時間は自動的に設置されます。
 
 
5、注意事項:
 

  1. 毎回連続録画操作時に、機械が自動的に新しいファイルを形成されます。
  2. 機械が起動することができない場合には、腕時計カメラの電気量を確認してください。
  3. 機械が赤外レンスと3枚赤外ランプを付けて、環境(明闇度)によって赤外ランプを開くにいい夜間效果を達する。
  4. パソコンへの接続は、コンピュータのシステムや配置の違いによりハードウェアの識別時間が異なります。識別時間中はハードウェアの識別に影響を及ぼさないよういかなる操作もしないで下さい。識別できない場合は、お客様の対応OS、ドライバー、USBポート、そしてケーブルなど環境がすべて正常かご確認ください。
  5. 内蔵リチウムの電池の充電について、初めてご使用するときから5回充電するまで、電池の残量が完全になくなってから充電してください。この作業で電池の効果的な機能を発揮いたします。その後、この内蔵電池は標準的な機能時間を発揮します。製品をご使用にならない間でも電池が消耗する可能性があります。ご使用前に電池残量の有無をご確認ください。
  6. メモリ不足な場合には、機械が自動的にファイルを保存してからオフになります。もし録画を続けならば、前に不要なファイルを削除してください。