検索

お問い合わせ
お問い合わせ

連絡先:+860755-89505513
ファクス:+860755-89504913
日本語担当ホットライン:
+860755-89505513 Ms Leung 梁(りょう)

E-mail:sales29@jvecctv.com
QQ:1030056939
Skype:jvetyty303

 

413958458
13926598885

ユーザーズマニュアル

USBメモリ型カメラ取扱書JVE-3333
時間:2012/10/10 11:19   ブラウズ:Loading...

USBメモリ型カメラ取扱書
 
1、セット内容:
● 本体一台               ● USBケーブル一本            ● CD-ROM一枚
2、各部の名称:
 
画面説明:
1.電源オン/オフ/録音    2.シャッター/録画    3.動作ランプ    4.カメラレンズ
5.マイク             6.移動センサー     7.USBポート    8.カードスロット
3、製品規格及び特徴:
● 機能:ビデオ撮影、写真撮影、単独録音、動体センサー、ウェブカメラ、パソコンで録画と写真、循環録画、USBメモリ
● 録画形式:AVI、720*480
● 写真形式:JPEG、1280*960
● 録音形式:WAV
● 対応メディア:マイクロSDカード 2GB-32GB
● インターフェイス:USB2.0
● 充電時間:約2時間 
 

  •  電池持続時間:約1時間(環境により、異なります)

● 録画時間:4GBの場合、約80分(環境により、異なります)
● 電源:リチウムイオン内蔵充電池
● 本体寸法:約74.6x26.5x12(mm) 
● 約40g
● 対応OS:Windows ME/ 2000/ XP/ vista MacOS10.4以降 
4、操作方法:
 

  1. マイクロSDカード挿入方法:

マイクロSDカードを表にして、矢印の方向へ差し込んでください。
 

  • カードがない場合で電源をオンにすると、赤ランプは三秒点灯後、青ランプは十回点滅してから電源がオフになります。
  1. 電源オン

「電源オン/オフ/録音」を長押し、赤ランプは点灯になり、機械が振動します。スタンバイ状態に入ります。  
 

  1. 録音:

スタンバイ状態で、「電源オン/オフ/録音」を短く押すと、機械は一回振動します。赤ランプは消灯になってから、青ランプは二回点滅してから消えます。録音に入ります。また「電源オン/オフ/録音」を短く押すと、機械は一回振動して、ファイルを保存します。赤ランプは点灯になります。待機状態に戻ります。
 

  1. 写真撮影

スタンバイ状態で、「シャッター/録画」を一回短く押すと、赤ランプは一回点滅して、機械は一回振動して一枚写真を撮ります。待機状態に戻ります。
 

  1. 録画:

スタンバイ状態で、「シャッター/録画」を長く押すと、機械が二回振動して、赤ランプは二回点滅してから消えます。録画に入ります。また「シャッター/録画」を短く押すと、機械が一回振動して、赤ランプは点灯になります。ファイルは保存されて待機に戻ります。
ご注意:
1) 録画中、機械が25分間で一つファイルとして保存します。(ファイルを保存した後、また5秒ごとに次のファイルの保存に入ります)
2) メモリいっぱい時、機械は第一目のファイルを削除しますので、循環録画の機能を発揮するようになります。
 

  1. 移動センサー

スタンバイ状態で、「移動センサー」を短く押すと、機械は三回振動して、赤ランプは三回点滅してから消えます。動体検知モードに入ります。カメラレンズの前に動体物が感じれば、青ランプは一回点滅して、機械が自動的に録画を始ります。また「移動センサー」を短く押すと、機械は一回振動して、ファイルは保存され、赤ランプは点灯になり、スタンバイに戻ります。
ご注意:
1) 録画を続ける場合、機械は15分間で一つファイルとして保存します。(ファイルを保存した後、また5秒ごとに次のファイルの保存に入ります)
2) メモリいっぱい時、機械は第一番目の録画ファイルを削除して循環録画となります。
 

  1. 充電しながらの操作:

本体は充電しながら操作可能の機能が付いています。電源不足のため撮影が停止される事をご心配要りません。スタンバイ状態に入ったら、普通の操作でご利用ください。
1.パソコンと接続してる充電状態で、USBデバイスを退出してから、「移動センサー」を短く押すと、赤ランプは点灯になり、待機状態に入ります。
2. ACアダプタと接続してる充電状態で、「移動センサー」を短く押すと、赤ランプは二秒点灯してから点滅します。待機状態に入ります。
 

  1. ウェブカメラ:

まずウエブカメラのドライバプログラム(STK02N 2.3.exe)をパソコンにインストールしてください。
オフ状態で、「シャッター/録画」を放さないように長く押して、パソコンに繋ぐと、「マイコンピュータ」下で標準なビデオ設備のアイコンが現れ、機能ボタンから手を放してください。この時ウエブカメラにとして使えます。
 

  1. リセット:

フリーズ時、製品をリセットします。同時に「電源オン/オフ/録音」と「シャッター/録画」を短く押すと、リセット済み、電源がオフになります。
ご注意:稼動中に、直接にリセットすれば録画中のファイルは保存されません。
 

  1. 電源オフ:

待機状態で、「電源オン/オフ/録音」を長く押すと、機械が振動して、赤ランプは速く三回点滅してから消えます。機械がオフになります。オフする前に機械は自動的にファイルを保存します。
 

  1. パソコンで録画と撮影

ウェブカメラとして使う状態で、CD中のファイル(CCYCR或いはDebut.exe)をクリックして、ファイルの保存位置を選択してください。撮影スタートをクリックして、機械が録画に入ります。録画停止をクリックすれば、録画は設置しておいた保存位置に保存します。
ご注意:この動画フォーマットはasf、解像度は320*240、録画は音が付いていません。静止画フォーマットはbmp、解像度は320*240です。
 
参考画面:
 

  • 充電

USB ケーブルをパソコンのUSB インターフェイスに接続します。赤ランプが点滅し、充電中です。充電が完了すると赤ランプが消灯になります。
ご注意:電気不足時、赤ランプは速く点滅して、約三秒後、機械は当時のファイルを保存してからオフになります。
 

  1. ファイルの再生:
  1. パソコンと本体を接続します。この時、機械は一回振動します。
  2. マイコンピューターを開きます(自動認識の場合もあります)。
  3. リムーバブルディスクを開きます。
  4. ファイルを選択して、再生してください。
  5. スムーズに再生できるように、ファイルをデスクトップにコピーしてから再生することのお勧めです。
  1. タイムセッティング:

まず、「リムーバブルディスク」のルートディレクトリに新しいテキストファイル(txt 種類)を作成し
て、名前を「TAG.txt」に変え、「TAG.txt」を開いてファイルに日付と時刻の設定を書き込んで下
さい。例えば、設定時間は2009 年12 月12 日12 時12 分12 秒ならば、時刻の内容の形式は以下のとお
りです:
一行目:[date]
二行目:2009/12/12
三行目:12:12:12
本体を再起動すれば、時間正しくなります。
5、注意事項:
1. オフ出来ない場合は電池があるかどうかご確認ください。なければ充電してください。
2. メモリ不足時、機械は第一番目の録画ファイルを削除して循環録画となります。
3. パソコンとの接続は、コンピュータのシステムや配置の違いにより、ハードウェアの識別時間が異なっています。認識する間に、影響にならないようにしてください。識別時間中はハードウェアの識別に影響を及ぼさないよういかなる操作もしないで下さい。識別できない場合は、対応OS、ドライバー、USBポート、そしてケーブルなどをご確認ください。再び接続してみます。
4. 明るい環境で、正しく置いてください。撮影物と一定の距離を保ちながら撮影してください。きれいな画像が撮影できます。
5. 最初の5回には電気を使いこなしてから充電してください。こうしたら、内蔵電池の最大メモリを起動して、標準な作業時間を取ります。よりよい電気貯蔵力を発揮するように、充満後30分-60分間置いたままにしてください。